仮想通貨取引所のスプレッドとは?売買価格に差が出るものでぶっちゃけると手数料です

仮想通貨を始める時に混乱するのが「スプレッド」です。

買う時と売る時の値段の違いがどうして発生するのか、それらについて今回は紹介します。

僕もコレ最初わけがわからず混乱しました。短期売買をしたい人にとってはこのスプレッドは大きな障害になるので、ちゃんと把握しましょう。

短期売買したい場合は、必ず板がある取引所を使う事をオススメします。

スポンサードリンク

仮想通貨のスプレッドとは?

ビットコインのスプレッド
これがビットフライヤーで見たスプレッドです。ビットコインなので桁がヤバイ事になってます。

202万円で買う事が出来るけど、194万円でしか売れないって事です。つまり202万円で購入した場合、もっと金額が上がらないと売却価格が202万円を超えないので、かなり時間が経たないと黒字を出す事が難しいって事ですね。

ではこれなんでこんな事が起こるのかと言うと、単純に手数料です。

手数料として取られている

これビットフライヤーが事前に購入してあるビットコインを受け渡すって事になるみたいで、その結果迅速に取引が可能になるってメリットはあります。

ただこの手数料が結構大きい、上記したようにビットコインだと202万と194万円なので、8万円の乖離があります。

全く同じ瞬間のビットコインがいくらで売買されていたかと言うと。

ビットコインのスプレッド
197~199万円だったんですね。上下が買いと売りで、中央に近い所が

んでこの板が使えるのが「取引所」になってて、スプレッドがあるのが「販売所」になってます。

取引所と販売所の違い

販売所は今回紹介しているスプレッドが大きくなっている代わりに、注文が通りやすい。

取引所はスプレッドがなく、手数料もほぼ0円の所が多い代わりに注文が通りづらくなっています。

例えば195万円で買ったビットコインを197円の時点で売りたいとします。もう2万円の儲けがあるから良いや!と思っても、絶対に197万円の時点で即座に売れるとは限りません。

もちろん事前に「指値」ってのを使えば197万円の時点で売りに出しておくと、197万円に到達した瞬間にそれが通る事もあれば、注文が殺到しててすぐには売れない事もあります。このあたりが不安定なのが取引所の欠点。

販売所の場合は売りたいタイミングでほぼ確実に売れる(サーバーが落ちてたら無理ですが)のが最大のメリットになります。

手数料は高いけど確実性が高いのが販売所、手数料がほぼないけど確実性が落ちるのが取引所って事になります。

ちなみに僕はザイフで取引所を使っている事になるんですが、売りたいタイミングに上手く売れなかったり、買いたいタイミングで買えなかったりして損をしたことは何度かあります…(笑)

スポンサードリンク

利確するまでは安心出来ないので注意

通貨を持っている時点で、通貨の価格が変動して「◯◯万円になった!」って思いますが、それもちゃんと利確するまでわかりません。

例えばこれですが僕が実際にやったんですけどモナコインを300円の時点で買ってて、千円を超えたから売ったとするじゃないですか、スプレッドで一気に資産落ちますからね(笑)

例えば資産10万円って書いてたのに利確(売却)した瞬間に8万円とかになっちゃう「あれ!?2万円はどこに消えたの?!」って話ですが、スプレッドで売却した価格の方が低くなるんです。

資産として出ている金額は実際のモナコインの金額、だけどスプレッドで売却金額はそれより下がるので、売った瞬間に資産が減った感じになります。

これで僕はビットフライヤーはビットコインの取引所かビットコインFX以外は使わないようにしよう…と思いました…(笑)

特に短気勝負する際にはザイフの方が売上出やすいです。実際にザイフで短気勝負してた時はガンガン勝ててました…恐ろしい世の中やでぇ…。

ってわけで仮想通貨に手を出す時はスプレッドに注意ですよって話でした~。

スプレッドは本当に仮想通貨取引所によって異なるので、実際にちゃんと確認する事をオススメしますよ!ビットコインはもう価格がデカ過ぎてスプレッドもデカすぎるんで、僕は販売所は使いませんね…。