仮想通貨や外貨FXでのチャートの見方の初歩まとめ…初心者は最低限ここだけ覚えておこう

仮想通貨をやるにせよ、外貨FXをやるにせよ、チャート変動の見方は一緒なのでまとめて紹介します。

こんなもんは果てしなく大雑把に言っちゃうと「みんなが買えば上がって、売れば下がる」の一言ではあるんですが、微妙に面倒くさい法則がいくらでもあるので、それについてちょびっと。

ただあくまで中卒の馬鹿(僕)が解説しているので、馬鹿でもわかるように馬鹿が馬鹿らしく説明します。

スポンサードリンク

チャートとは?

チャートってのは簡単に言うと値動きをグラフ化したものです。

取引所によって多少異なりますが、基本ローソク型になっており、足によって縦の棒の長さが異なってきます。

チャート

下がれば下がった分、棒が下に伸びますし、上がれば上に伸びます。細い線になった所は「ヒゲ」とも言われてまして、簡単に言うと「一瞬だけそこまでいったよ」って感じです。○をつけてある部分ですね。

それを踏まえた上でこのチャートを見てみましょう。

チャートは時間を別にして見て判断する

チャートを見る際に一番重要になるのが「そのチャートはどれだけの時間帯を示しているか」です。

例えば僕が使っているヒロセ通商さんのFXでも、仮想通貨ではザイフやビットフライヤーでも「○分足」というものが存在します。

ちなみに種類はこれだけの多岐に渡ります。

  • 1分足
  • 5分足
  • 10分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 60分足
  • 2時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

これだけの違いで見る事が出来ます。

足を変えてみた違いについて

15分足
これがドル/円のチャートの15分足です。1本の棒が15分間の動きになっています。ちなみに赤だと上がってて、青だと下がっている事になりますね。

一番右が今現在の価格、106.062円になってますね。これが「円で見た1ドルの値段」って事です。左の方でも106.8円ぐらいになっています。

日足
これが日足で見た際のチャートの違いです。1本の棒が1日の動きになっています。

日足で見ると2017年11月頃の114円がMAXで、更に左の10月以前だとまた108円付近をうろついている事がわかります。

つまりこれ「日足で見ると108円は2017年10月以来」って事がわかるんです。

更にこれを「月足」にしてみましょう、もっと大きな目で見る事が出来ます。

月足
2013年1月では80円まで落ちてた事がわかります。円高ってやつですね(円が高いから、円で買うドルの価格が落ちている)

んで2013年で80円でドルを買っておいて、2015年の120円まで保持してたらプラス40円って事になります。これ恐ろしいほどの値幅になりますが、そこまで到達するのになんと丸々2年かかっている事がわかります。

これ仮想通貨からチャートを見始めた僕には衝撃的でした。外貨FXだとここまで値動きが遅いのかと…(笑)

足を変えてみてわかる事

大雑把に言うと、ここ数年間で最低は80円、MAXは120円だって事です。

んでその上で現状は2017年の1月以来の円高、それ以前では2014年以来って事になります。これまでずっと円安だったわけで。

ここでショート(売り)で入るか、ロング(買い)で入るかってのを見極める事になります。ちなみに僕は馬鹿なので円高に向かってるのにロングを保持してます、泣いてます。

スポンサードリンク

基本的にチャートはN字を描く

たまに猛烈な勢いで上昇・下降しますが、基本的にはチャートはN字を描きます。必ず上がったら下がる、下がったら上がります。

15分足
15分足だとわかりやすい、必ず一瞬上がって下がってますよね。

例えば106.2→106.8まで回復している瞬間はあります。その後にまたズコーっと落ちてますけど。

これを狙って下がった時に一瞬買って、すぐ売るってのもまぁ有りかなと、ただこれ取引所によってはあまり良い顔されないってどっかで読んだんですが、知りません…ダメなんかな…(笑)

このN字を描く点に関してはFXでも仮想通貨でも一緒です。

上がったら下がる、下がったら上がるんです。

FXと仮想通貨の大きな違いは周期

仮想通貨はめちゃくちゃアップダウンが激しいです。

ですが外貨FXはそんな不安定じゃないんで、下がる時も上がる時もゆっくりじわじわと変動しています。両方やってる人はよくわかるはず。

仮想通貨は一晩置いたら一気に半分になってみたり、倍になってみたりするタイミングが必ずあります。だから狼狽しない事が大事。基本上がったら売って、下がったら買うべき、これは鉄則。

ただ仮想通貨にせよFXにせよ「底と天井は誰にもわからない」ので注意です。僕もちょっと下がった際に「まぁ戻るだろ」と思って買い増して(追加で買う事)痛い目にあった事が何度もあります…(笑)

だからもうヤバイニュースとかがあって「これは暴落するな」と思ったら一度売って、下がりきった所を狙って買い戻す方が絶対にベターです。実際に僕は1つ8,000円ぐらいの物が暴落した際にすぐ売って、4,000円などで買い戻したりもしてます。

ずっと保持しとくとすぐに上がり始めた際にダメージが減りますが、暴落した際のダメージが半端ないので…(笑)

仮想通貨はそういう事が多々あるので注意、逆にFXはじわじわ落ちていくので、気がついたら「あれ、結構マイナスに…」となる事が多いですね…これはこれで怖いけど…(笑)

チャートは眺めていると動向が見えてくる

世間で流れているニュース、Twitterのタイムラインなどを見ながらチャートを見ていくと、何となくみんなの思惑が透けて見えてきます。本当に感覚的なものですが。

特に何もニュースがないのにいきなり暴落する事も当然あります。そういう時に「まだ保持で良いだろう」「一度逃げよう」と、どちらの判断をするかは完全に自己責任、自分次第になります。

これは実際に自分が参入してお金を消費した上で経験していかないと絶対に掴めないと思います。

僕も自分のお金がかかっているので必死に考え「いやこれはもっと落ちるな」「これは落ちない、ガチホだ!」と判断してます。たまに盛大に外して泣いてます…(笑)

お金を実際に賭けている状況でこういうのを見ていると必死に動向を注視するので「いやこれはこうなるだろ」ってのを何となく予測出来るようになってきますよ。

僕の場合はただの勘ですが…(笑)

スポンサードリンク

最低限のチャートさえ見れればなんとかなる

ぶっちゃけ仮想通貨も外貨FXも最低限のチャートさえ見れればなんとかなります。

最初はわけがわからないかも知れませんが、適当に少額を使ってみてお金がどれぐらい動くのか見ながらチャートを見ておくと「ああ、これぐらいでこれぐらいね」とわかってくるので、まずはやってみる事をオススメします。

ただよくわからない状態で始める場合は、必ず少額から始めましょう。最低金額を使って遊ぶ事をオススメします。

特にFXはロスカット、追証が存在するので絶対に最初からギャンブルに出ないで下さい。人生終わります。

仮想通貨は現物に限りますが、入れたお金以上の損失は絶対出ないようになっているのでそういう意味でも仮想通貨はオススメですね。

ただ仮想通貨はやっぱりGOXが怖すぎるので…そこだけですよね…。