NISAは初心者こそが使うべき制度…非課税枠が設けられるので節税になります

実は投資をしても税金はかかってしまうのはご存知でしょうか?ですが実はその税金を非課税にする方法が存在します。それが今回紹介するNISAです。

このNISAを使うだけで本来取られる20%の税金を数年間は0にする事が可能なので使わない手はないのです。

ってわけで「これから投資をやってみたい!」って人は迷わずNISAを申し込みましょう。

スポンサードリンク

NISAとは

NISAってなんぞやって話ですが、お国がやってくれているNISA口座(非課税口座)って奴が存在します。それを複数の金融機関から申し込む事が可能になっているのです。

このNISAには実は複数の種類が存在します。

NISA

これは個人投資家用の制度になります。

これだと毎年120万円まで非課税枠が用意されます。

最大のデメリットはこれは5年間しか使えないという点です。毎年120万円まで投資をする事は出来ますが、その枠は最大で5年間しか非課税で使えません。

つまりMAXで600万円までは同時に投資が出来ますが、それ以上は出来ないって事です。一気にドカンと投資をしたい、投資に使える金額が多い人はこちらを使う方が良いって事になりますね。

つみたてNISA

これはあくまでビギナー向けで、非課税枠は年間40万円しかありません。

非課税金額が低い代わりにこちらは20年間非課税枠が使えます。

40×20=800万円までMAXで使えるって事になりますね。少額でコツコツと積み立てていきたい人はつみたてNISAの方が良いって事になります。

地味に僕はつみたてNISAにしてあります。

ジュニアNISA

これは未成年者のためのNISAになります。

0~19歳の未成年者名義で作る事が可能で、管理などは二親等以内の親族が可能になっています。要するに両親と祖父母などですね。ただこれは金融機関によって異なるらしいので注意。

年間で80万円まで非課税枠を使う事が可能になっています。

ただし18歳までは払い出しが基本的には出来ないようになるので注意。災害時などの緊急時の措置はあるそうです。

ちなみに年間80万円って贈与税以下の金額になるので、両親はもちろん祖父母がお金を支払っても問題無いって事になります。

子供の将来のために口座を作るならジュニアNISAでやる方が良いかも知れませんね。

扱える商品は種類によって異なる

例えばNISAとジュニアNISAは株式投資も可能になっていますが、積み立てNISAは投資信託のみとなっています。

株もNISAの範囲内でやりたい人は本格的な投資家に近い人だと思うので、その場合はNISAを選択した方が良いって事ですね。

投資をする人は絶対申し込んだ方が良い

コレに関しては初心者だろうとプロだろうと関係ありません。

誰だって税金は少ない方が良いに決まっています。って事でNISAは何かしらを絶対に選択して申し込むようにしましょう。

一気に高額をドカンと突っ込む気がない人はつみたてNISAで、投資家的にガンガン投資していきたい人はNISAで良いでしょう。

個人的には初心者なんかは投資信託をやった方がベターだと思うので、つみたてNISAで十分だと思いますけど、そこはまぁ個人の考え方次第なので何とも言えません(笑)

スポンサードリンク

僕は楽天証券を使っています

僕は基本的に楽天証券を使っています。FXも最初はヒロセ通商でやりましたが、楽天証券にまとめた方が早いのでは…とちょっと後悔している所です…(笑)

僕は元々楽天カードも持ってますし、楽天モバイルも使ってますし、楽天のサービスで色々と統一しているので、まとめるつもりで楽天証券を使っています。

楽天銀行の口座も持ってましたしね…(笑)

そういうのがある人は楽天でもうまとめちゃうのをオススメしますよ。