FXでのレバレッジ・ロスカット・追証とは?無謀な取引は絶対にしないように

FXなどの投資で絶対に避けて通れないのが「レバレッジ」「ロスカット」「追証」の恐怖の三大名物です。

僕自身「FXってなんぞや」って思ってた時期でもこの言葉だけ無駄に知ってまして、そして恐怖していました…FXって怖い!ってずっと思ってました。

でも実際に知ってみると、ルールを理解してうまく使えば何も怖くありません。ギャンブルに出たら一発で死ぬ可能性も出ますが、あくまでハイリスク・ハイリターンの世界ってだけです。

だから必ずFXを始める時でも、信用取引を始める時でも、これらの知識だけは覚えておきましょう。ってか基本的にロスカットされるようなハイレバレッジをかけなければ良いだけの話です。

スポンサードリンク

レバレッジとは

FXではまず「証拠金」として取引口座にお金を入れる事から始まります。

この証拠金がベースとして「レバレッジ」をかける事が出来ます。

例えばドル/円で、1ドル100円の状態でスタートするとして、証拠金を10万円入れたとします。

この場合100通貨買った時点で1万円の取引、1,000通貨で10万円、10,000通貨で100万円の取引になります。

本来なら1,000通貨しか買えないと思う所ですが、これがなんと10,000通貨やれてしまうのがレバレッジ、これはFXでは基本的にやれてしまいます。

この場合証拠金は10万円なのに1万通貨購入して100万円の取引が出来る、つまり10倍の取引ですよね。これを「レバレッジ10倍」の状態と言います。

要するに「自分の予算の◯倍の取引」を「レバレッジ◯倍」って言うだけの話です。

レバレッジを大きくすると大きく儲けて大きく損が出来る

つまり本来は証拠金が10万円なら、10万円分のドルを購入して、そのドルの上下で利益を出す事になります。

この場合は1ドル100円スタートなので、1000通貨(10万円)だと1円動けば1,000円の差額が精一杯です。しかしレバレッジを10倍かければ、1円動いただけで1万円の利益・損益を出す事ができます。

つまりハイリスク・ハイリターンの取引になるという事です。

仮にこの状態で1ドル103円になったら、なんと3万円の儲け、1ドル97円になったら3万円の損失と言う事です。レバレッジ1倍にしたら3千円ですね(笑)

初心者は3倍程度にしよう

初心者の時はこのレバレッジはせいぜい3倍程度にしましょう。

ちなみにFXでは証拠金を入れて取引を開始するとその時点でレバレッジが何倍になっているか勝手に表示されるので、よくわからない人はそこを注視しましょう。

もちろん一番安全なのは1倍にしちゃう事ですが、それだとあまりにもつまらなくなりそうなので…(笑)

ちなみに3倍とかにしても、そうそう簡単には大損する事はないでしょう。どうしても怖いと思ったらすぐに決済しちゃえば良いですしね。

では何故これを3倍程度にした方が良いのか?それはロスカット、そして追証という制度がFXには存在するからです。

ロスカットとは

ロスカットは簡単に言うと「含み損が増えすぎて強制的にカットされる事」という事になります。

ロスカットされるのは証拠金維持率の%によって変えられます。

僕が使っているヒロセ通商さんでは、100%未満になるとロスカット対象となります。

ちなみにロスカットされるとどうなるのかと言うと、今持っている通貨を自動的に決済して手放す事になる…って事です。

簡単に言うとロスカットはユーザーに大幅な損失を出させないための救済措置でもあります。

ですが逆に言えば「持ち続けていたら盛り返せたかもしれないのに、強制的に決済された結果、大損が確定した」なんてことにもなりかねないので、そこはまぁ自分で調整するようにしましょう…(笑)

ロスカット執行が出来ないケースもある

どれだけロスカットしようと思っても、例えばロングを入れている(買っている)状況で外貨が暴落していた場合、売り決済が出来ずにひたすら下がり続ける事もあります。

どのような要因があるのかはいまいち僕も把握していませんが「必ず100%を切った瞬間にロスカット出来るわけではない」って意味で、気がついたら証拠金以上の損害が出ている可能性もあると言うことです。

ロスカットは実はユーザーを守るために存在している制度でもありますが、そのロスカットも万全ではないって事です。

そしてこの証拠金が減ってきた際に、ロスカットになる以前に追証というものが発生する取引所もあります。

スポンサードリンク

追証とは

これも取引所によって%が異なりますが、証拠金維持率の%が下がってくると追証が発生します。どれぐらいかは取引所によって異なります。

簡単に言うと10万円を入れている状態でレバレッジを大きくかけていた場合、ちょっと下がるとすぐに数万円の損をする事があります。

その結果証拠金維持率が下がり、お金が減ってきた際に証拠金を追加して維持率を戻してくださいね、というものです。

ちなみに損切りで建玉を決済しても解消する事は出来ます。

要するにお金を追加するか、決済してポジションを解消するか、どちらかしかないって事ですね。

この追証は取引所によっては無い場所もあるようです。

ヒロセ通商は追証が無い

僕が使っているヒロセ通商さん(Lion FX)では追証がありません。

ロスカットが即時強制となっており追証が入る前に早々とロスカットされて決済されてしまうのがヒロセ通商という事になります。

実際に証拠金維持率100%の時点でロスカットされるので、かなり早目にロスカットされる印象です。

ただ個人的には初心者にはそれぐらいの早目のロスカットの方が良いとすら僕は思います。

そういう意味ではヒロセ通商さんは初心者にとって便利なFX取引所と言えそうです。

レバレッジを低めに取引すれば怖くない

FXが怖いのはハイレバ(ハイレバレッジ)で取引をすると恐ろしいってだけに過ぎません。

例えば僕は10万円を証拠金に入れた状態でも、3lot(3000通貨)程度の取引しかしません。ドル/円だと3~4倍のレバレッジになります。ちなみにヒロセ通商だと1lot=1000通貨でした。

それぐらいの少なめの取引をすれば全然怖くありません。FXなどの信用取引で一番怖いのがガチホ(ガチホールド、持ち続ける事)をしようとしてるのに強制的に決済されてしまう事です。

例えばドル/円を100円でロング(買い)でポジションを取るとします。ですが運悪く円高になってしまい、仮に80円まで落ちてしまうとします。FXで20円も落ちたらとんでもない事です、もちろんそこまで行く前に損切りしてショート(売り)に乗り換えるのも手だとは思いますが…(笑)

ただ常に持ち続けて、そのまま値段が下がった所でも買い増して行けば、上に戻ってきた時には凄い利益が出る事もある、それがFXです。

ちなみにこの手法を「難平(ナンピン)」と言うそうな。僕は誰に言われるでもなくビットコインFXでこれやってました(笑)

実際にこの手法で損を取り返して逆に利益に切り替える事に成功した事は何度もあります。特にFXの場合は国が滅びない限りは価格は戻って来る可能性が高い(通貨によりますが)ので、非常に有効な手段と言えますよね。

スポンサードリンク

ハイリスクかローリスクかは人による

初心者には圧倒的にローリスクなレバレッジ低めの取引を絶対的にオススメします。

ですがハイリスク・ハイリターンを狙うのか、ローリスク・ローリターンを狙うのかはもちろん人によります。

僕自身「ここは絶対行ける!」って瞬間はハイリスクを負う事もあります。でもそれはあくまで「何度もやってきた上でここは確実に読めた、絶対間違いない!」と思った時のみです。

それでもあくまで証拠金が限界になる程度にしか賭けません。自分の貯金を崩してまでお金をぶっ込む事はまずないですね、怖いから(笑)

ローリスクに行けばまぁいずれは利益が出ると信じて持ち続けるのもあり、その場合はロスカットされないように証拠金維持率だけを意識しておけば良いだけです。

個人的にはこの方が気楽ですね。ハイレバかましすぎてロスカットされたら笑えないので…(笑)

改めてこういうのを考えると、FXは一発逆転をかませるポテンシャルもありつつ、ローリスクで取引をする事も出来るので、個人的には結構良いかなーと思ってます。

安定した投資って意味では結構良さそうですよね。特にUSドルなら破綻する事はないでしょう…ドルが破綻したら現在の経済がひっくり返る事になるので…(笑)