投資で儲かったら税金かかるので注意…基本的には20%持っていかれると覚えておこう

ある程度の貯蓄がある人の場合、銀行にただ預金するよりは何かしらの投資に回した方が良いと言う話を以前しました。

だがしかーし、実は投資をしたとしても、この世の中には「税金」と言うものがありまして、投資で得たお金にもこの税金が必要になります。

今回は投資の税金について、大雑把にですが紹介したいと思います。

ぶっちゃけ僕も細かくはよくわかってません!(笑)

スポンサードリンク

投資の税金は20%

どれもこれも確実にこれ、って事はありませんが基本的には20%になっています。

それは国内上場株式でも、外国上場株式でも基本的には一緒です。

正確には所得税が15%、住民税が5%って事になります。合計で20%ですね。

  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • FX(外貨)

実はどれもこの税率になっております。

計算しやすくキリが良い10万円にしますが、要するに10万円儲かったら2万円が税金に消えて、貴方の利益は8万円ですよって事です。

一定以上儲からない場合は税金は支払わなくて良い

ですがこの金額についてですが、実は所得が既にある人の場合は、年間で20万以下の儲けなら確定申告をする必要はありません。

正確には投資で20万円儲かっていない場合は、税金を支払う必要がありません。ちなみに主婦や学生などの「扶養家族」の場合は38万円以内なら必要がないって事になります。

社会人で一定の収入がある人は20万円以内になるので注意して下さいね。

儲けたら確定申告が必要

当然ですが税金が発生する時点で確定申告が必要になります。

ちゃんと「投資でこれだけ儲かりました」って申請して、その税金を納めないといけないわけですね。まぁこれは銀行の利息にも地味に税金かかってるので、実は一緒です(笑)

特定口座で源泉徴収ありにすれば良い

実はこれ対処法がございまして、投資をする口座を作る際に「源泉徴収あり」を選択すればそれで済みます。

めんどくさい計算とか何もする必要がなくなるのです、何故なら勝手に口座の方がやってくれます。いやぁ便利な世の中になりました。

だから特定口座を作る際には「源泉徴収あり」を選択しておく事を強くオススメします。

だがしかし、これを選択してしまうと20万円以下の儲けだった時でも自動的に支払われてしまうというデメリットも存在するので、そこは困ったものです。

初心者さんの場合は無しでも良いのかも知れませんが…儲かるようになると面倒…って考えると…どっちが良いのやら…。

税理士さんにお願いしている場合はおまかせで良い

僕は自営業者なので基本的に確定申告は税理士さんに丸投げでございます。

だから投資に関しても全部丸投げ、源泉徴収は無しに設定してあります。

僕自身が年間で20万円も利益を出せるかどうか、自信が現状あまりないってのもあります…(笑)

ただコレに関しては税理士さんがプラスで料金取るかは相手によるので何とも言えませんが…試しに聞いてみて下さい(笑)

スポンサードリンク

基本的には税金が必要な事を覚えておこう

投資の税金は「所得税」ではないんですね。

んで一時期話題になった仮想通貨はこれが「所得税」に分類されていたので、めちゃくちゃ儲かったら税率が50%とかになる可能性もあったので「税金がヤバイ」と言われていたわけです。

株式投資やFXに関してはこれが一律20%で留まるから、一部からは「まだFXとかやってる方がマシ」って声が出てたぐらいです。税制が整備されてからの方が良いってね。

ってわけで結局投資で儲かったお金にも税金はかかるので、そこだけ皆さんお忘れなきよう…。

ちなみにNISAってシステムがございまして、このNISAを使った場合は、色々とルールはあるものの、利益に対して非課税にする事が可能なので、最初に投資する時はNISAがオススメですよ。